結婚式 -あちらこちらの愛-

e0053365_11541367.jpg


従姉の恵理ちゃんが
先日結婚した

軽井沢での挙式、披露宴は
とても温かくて、そして清々しく
優しい、優しいひとときだった




あたしは留袖を着ていたから
カメラは兄に任せてしまったけれど

もしも一眼を持っていたのなら
泣いたり笑ったりしながら
何枚も
何枚も
ひたすらに、撮り続けたろうと思う






恵理ちゃんの”この日”に
自分が泣くとは
思ってもみなかった



愛する人との一生を契り交わすということ

どんなときも
どんなときにも共に歩むということを ”決める”ということは

とても静かな
力強い幸せだ


たくさんの愛に囲まれ
見守られ
見送られ
また
歓迎され
祝福される



全身で祝福し
喜び

全身に
喜びを戴いた一日だった










e0053365_12244648.jpg


驚くほどに綺麗だった恵理ちゃん

花嫁というのは
どうしてこんなにも輝くのだろう、なんて
あたしはきっとこれからも
綺麗な花嫁を見る度に
幸せのため息をつくのだろうな


新郎の祐介さんは恵理ちゃんととても雰囲気が似ている
ほんわかとして爽やかな二人は
きっと
みんな、みんなから愛される
とってもお似合いな二人だ





e0053365_12304328.jpg



恵理ちゃんの兄、よし兄ちゃんは3年程前に結婚していて
もうじき3歳になる 花ちゃんという娘がいる
ビックリするほどに可愛いちびっ子姫は
時に確実に主役になっていた(笑

花はパパとじぃじ(叔父さん)が大好き

子ども2人ともに家を出、新しい家庭を持つようになった今
じぃじは花のため、まだまだ元気でいたいと思うらしい
変わってゆく中に
いつも幸せはある










この恵理ちゃんのお父さんという人は
あたしの母の兄にあたる人
他に文隆叔父さんという母の弟がいる
「加藤家」は三兄弟


あたしの親戚というと
幼い頃からずっと「加藤家」なのです
様々な事情で
父方の「石橋家」の親類をあたしは殆ど知らない


お父さんは
加藤家が大好きだ
お父さんは
お母さんのお父さんが大好きだった

あたしはお祖父ちゃんを知らないけれど
あたしも、
加藤家のみんなが大好きだ

真面目で
アタタカイ人たち






e0053365_2462029.jpg



一番上の兄は、紛れもなく加藤家の顔をしてます(笑
真ん中は、顔は父にだけれど、性格や性質はやはり加藤家っぽさがあるらしい・・
(あたしにはよく分からないけれど・・)

一番よく分からないのは
「なっちゃんはちょっと違う」と叔父さん達から時々言われることで

更に驚くのは
仲良くなった祐介さんのお母さんと妹さんにまで
同じ様な事を言われてしまったこと


あたしにはよく分からないけれど
父が持つものも強く
自分の中にあることは分かるから



だから

血の繋がりのない二人が
手を繋いで人生を織りなしてゆくということは

変化に富んだ宝を沢山
この世に生み出してゆくということなのだろうな
と、思う













加藤家に
今永家に

石橋家に
そして佐久間家に

いつも
柔らかで清々しい風が
吹き抜けてはまた入り
また吹き抜けて、また入る


移りゆくものの中に
いつも幸せはあって

移りゆくからこそ
変わらぬものはいつまでも
変わらぬままに
輝いている

[PR]

by flowerof_sun | 2009-05-20 13:57 | ポツリ。  

<< 24の紫陽花の頃 24 >>