大切な穴

e0053365_11123698.jpg



ふと考えてみると

21の夏、
5年間書き出せずにいた摂食障害をこの場所で告白したとき
あの時ようやく
”自分を大切に生きる”という大事な穴を
ようやくそっと、
覗き込めたのかもしれない、な


それから忘れもしない
22の春
一つの偉大な出逢いが
まだ小さかったその穴を改めて
ガクンガクンと
大きく深く掘り下げたわけでした



もうすぐあれから三年

少しずつ掘り下げ続けてきたものは今
また更に大きくガクンガクンと・・・

”今の自分を大切に生きる”というトコロに
改めて
想い寄せて強く
気づけたように思います




たとえば
自分では信じ難くも思える
この濃ゆい濃ゆい二年間も
去年も
昨日も
それはとても大切で

それは大切な
でも、
過去
なのだものね


今にいるあたしは
いつでも
とても身軽だなぁ、なんて
今更に思う



今更に、

と、思える日が来れば
それで充分ね








うまい具合に
年明けと共に身軽さが際立ちました

想いの種は
大事な人たちの想いの種とも重なり合って
いい香りのする風をいくつもいくつも
呼んで来てくれているようです



この初めの三ヶ月をまず
丁寧に踏んでゆこうと思います




[PR]

by flowerof_sun | 2010-01-10 10:03 | ポツリ。  

<< 山へ いつでも、そこにいる >>