立ち返り ≪For it… What Can I Do?≫

e0053365_1320559.jpg



忘れられるわけがない想いでも

忘れたくはない想いでも


しっかりと握り締めていたはずの想いでも



気付かぬうち

指の隙間から零れ出・・・

気付かぬうち

少し離れた場所に置いてけぼり



そんな自分は認めたくないけれど

今この手にちゃんと握り締めているのだったら

今のあたしはこうじゃない、 な







言葉にして
文字にして

そうして満足するために

書き出したわけじゃない









粗末にせんで

まんまじゃなくてよくて

変化は歓迎で


でも

成長という名のものであれ・・・











**************************************
06.7.20.
For it… What Can I Do?



One day, at the midnight,
I walked alone around my house.
Down the roadway in the shadows,
there was only a light of a full moon.
Cross the path in the stillness,
there was only a whisper of wind.

That night, because it was really a beautiful moon,
I couldn’t go home soon.

The moon,
how many people looked up it at the time.
The moon has always connected me with you, living somewhere.

I looked up the moon and thought of you.
I wished simply to share peace and happiness with you.






See,
around the world,

my ears know,

in a country lacked of food,
you are crying
because you are suffering from hunger,
because you can’t give your milk to the baby.

In a country filled with food,
you are crying
because you are suffering from disease related to the eating habit,
because your little baby is crying from pain of the turned red allergic skin.


My eyes know,

in a country of battlefield,
you are wounded
because you, a boy ten years old, were forced to shoot your mother,
and with your broken heart, you became a child soldier.

In a country “at peace,”
you are wounded
because you were crushed by loneliness, competition, pride and so on,
and with your closed heart, you treated your child cruelly.


There is no end to the sad stories in the world.
And everything is not on TV, not in newspaper
because you are crying at this moment.

Then I,
you and I are witnesses, or causes of them.
And we,
we are victims at the same time.


See,
around the world,

all involves all of us.
Then, what should I do?


No,
I don’t say, let’s discuss world affairs.
I want just your beaming smiles.
I want just to smile with you.
Then, what can I do for it?


My ears remember,

on a bed in a hospital,
you told me you would recover and write a book about your life of fighting the disease,
and wanted to encourage someone under the similar serious condition.
Your voice was full of hope.


My eyes remember,

at a refugee camp in Palestine,
you said you really liked to study at school
and wanted to be a doctor to help people in the camp.
Your eyes were shining with passion.


My heart remembers,

on a small island in the Pacific ocean,
you said you have kept to protect the blue sea,
and it just because you always and forever loved the sea.
Your heart was warm and peaceful.


And I remember,

at Lakeland College,
you told me your interests, your hobbies, and your dreams.
Your voice, your eyes--- always bright
and your faces always show good smiles.



Oh, this is what I can do. This is what I want to do.

Please tell me your dream.
If you don’t know your dream,
please tell me what you really like.
If you don’t know what you really like,
seek for it with me.


The world is huge and so complex, while I am very small and weak.
If I shout world peace, how much and what can be change?


So I shall sing a song with you
I shall talk and drink with you
and I shall smile and dream with you
you… anyone, everyone in front of me.


I believe such simple and small deed goes around and around the world,
and finally, connects to your laughter in a far country in the future.
Although I am far from my ideal,
although it might be so small things in the daily life,
it IS what I can do.






A full moon lightening the ground
The cool night air all around
I looked up and said,

the moon,
you have given us the eternal light in the dark for millions of years,
you have been sometimes a hope, sometimes a healer,
and you have always connected us, people all over the world.

But even you, such a great moon, always have a certain role.

and the moon,
you teach me,

I have only to do what I can do.
I have only to do what I want to do.

So I never forget
I shall smile and dream with my friends--- anyone, everyone in front of me.
I wish such simple and small deed goes around and around the world,
and finally, return and become your happiness.

Yes, yours.
Everyone in front of me.







----------------------------------------------

For it… What Can I Do?


ある日 真夜中にね
家のまわりを 一人で散歩したんだ
暗がりの道を下ると
満月の光だけが そこに
静けさの中 小道を横切ると
風のささやきだけが そこに

その夜    あまりに美しい月だったからさ
すぐに帰るなんてこと できなかった

お月さん
今 幾人の人たちが この月を見あげてるかな?
お月さんはいつも 私と どこかにいるあなたとを繋げてくれる
ねぇ 月を見あげて あなたの事を想うよ
ただただ願ったよ
平和と幸せを あなたと共に分かち合えますようにって


ごらん
この世界を

この耳は知ってる
食べ物の欠乏した国で
あなたは泣いてるのね
餓えに酷く苦しんでいるから
あなたの赤ん坊にあげたい乳も出ないから

食べ物で溢れかえった国で
あなたは泣いてるのね
その食生活からくる病気に苦しんでいるから
あなたの可愛い赤ん坊 アレルギーで真っ赤に腫れ上がった肌が痛い痛いと泣くから


この目は知ってる
戦争の続く国で
あなたは傷ついてるのね
ほんの十歳の少年のあなた (兵士に)力ずくで強いられ その手で母親を撃ち殺し
そしてその傷ついた心で あなたはチャイルドソルジャーになった

“平和な”国で
あなたは傷ついてるのね
孤独や競争、自尊心だとか、そういったものに押しつぶされて
そしてその閉ざされた心で あなたは自らの子どもに酷い仕打ちを・・


この世の中 哀しい話に終わりがない
全ては テレビの中や新聞の中のお話じゃぁない
だってほら 今この瞬間も
あなた 泣いてるもの

私はね
あなたも私もね 目撃者なの 加害者なのかもしれない
そして私ら
私らみんな 被害者なんだ


ごらん
この世界を

すべては 私たちすべてに関わってる
それじゃぁ  私は どうしたらいい?


ううん 違うの
別に世界情勢を議論しようって言ってるんじゃないの
私はただ 溢れる笑顔が欲しいんだ
私はただ あなたと一緒に笑ってたいんだ

それで  その為に私 何ができる?



この耳は覚えてる
病院のベッドで
あなたは私に話してくれた
元気になってその闘病生活を綴って本にするんだって
同じように厳しい状態にある 誰かの励みになればいいなって
あなたのその声 希望に満ちていた

この目は覚えてる
パレスチナの難民キャンプで
あなたは言ってくれた 学校で勉強するのがとっても好きなんだって
お医者さんになって キャンプの人々のことを助けたいんだって
あなたのその目 情熱と共に輝いていた

この心は覚えてる
太平洋の小さな島国で
あなたは言ってくれた
その青い海を守り続けるんだって
それはただ その海をいつも いつまでも愛してるからなんだって
あなたのその心 温かくて穏やかだった

そして私は覚えてる
ここレイクランド大学で
あなた達は私に話してくれた あなた達の興味を 趣味を そして夢を
あなた達の声 目・・・いつも輝いて
あなた達の顔は いつも素敵な笑顔を見せる



あぁ これが私にできる事だ  これが私がしたい事なんだ

あなたの夢を どうぞ私に聞かせてください
もしも夢が分からなかったなら
あなたの凄く好きな事を 私に聞かせてください
もしも凄く好きな事が分からなかったなら

私と一緒に 探しにいこう


この世界は あまりに大きくて複雑で
なのに私はこんなにも小さくて弱い
もしも私が世界平和を叫んで
それで何が 一体どれだけ変わるだろう?

だからね  私はあなたと共に歌うよ
私は あなたと共に飲んで語るよ
私は あなたと共に笑って夢をみるよ
あなた・・・誰でも
私の目の前にいる全ての人


私は思うの こんな単純でちっぽけな行いが この世界を廻りに廻って
いつか どこか遠い国のあなたの笑い声に繋がるのだと
憧れなんかにはほど遠いけど
きっとこんなの 日々の生活での中の
ほんの小さな小さな事なのだろうけど

これ”こそ”が
私にできる事








地面を照らす 満月の明かり
一面に漂う 夜のひんやり冷たい空気

私は見あげて そして言った

ねぇ お月さん
あなたは何百万年もの間 この暗やみに変わらぬ光を照らし続けてる
あなたは時に希望となり 時に癒しとなり
あなたはいつも 私たち 世界中の人たちを繋げてくれる

だけどあなたでさえ そんな偉大なあなたでさえ 役割はいつも一つ

そしてお月さん
あなたは教えてくれるのね
私は 私にできる事だけをすればいいんだって
私がしたいと思う事をすればいいんだって


そう だから決して忘れないよ
私は笑って夢をみる  私の友だち・・誰もかも
目の前にいる全ての人たちと共に

そして願うの
こんな単純でちっぽけな行いが この世界を廻りに廻って
いつか  巡り戻ってそして
あなたの幸せとなりますように

そう あなたの
私の目の前にいる 全ての人たちの


-------------------------------------------





これからで・・

ここから、










次の満月へむかって
満ちてゆく時

賜物を
身体に
染み込ませてゆく時

[PR]

by flowerof_sun | 2008-02-15 12:37 | ポツリ。  

<< なるほど 立ち返り >>