戦うは、違う


なんとも言えない気持ちが渦巻くようなとき
「話したいな」
と想う人が
います



だけれど

なんとも言えないが故に
いきなり電話してしまっても
あたしが困ってしまう気がします

メールは手軽だけれど
それこそ何か
多分に大きく違ってしまう気が
するのです





この気持ちを
どこかの風は拾ってくれたようで
そいつをどこかへと運んでくれたようで

昨日、今日と
母から
義理母から
友人から
電話をいただきました


どれも
他愛のない会話だったけれど
あたしにとっては
とても嬉しい数分間で

今日も
いつも
支えられて生きています


あたしの想い人も
きっと今もどこかで
周りに支えられていることを感じながら
そのことに喜びながら
笑顔で生きているのでしょう















哀しい出来事
呆れてしまう出来事・・・

毎日
耳にします


昨日もソレも然り

知人が・・・”偶然”そこに居合わせなかったことに
まずはホッとした次第


あくまでも
知人がいなかったことに
第一に、そのことに









哀しみや怒りに
意識を持っていかれるのは
違う

不満や不安に
心捉われるのは
違う




正義感でもって
”悪”なるものと
”戦う”のも
違う



きっと

自身との”戦い”も
きっと少し
何か
違うんだろうな








抱きしめる
抱きしめる
抱きしめよう







それくらいの

でかい人間に
なりたいなと、思う日々です

[PR]

by flowerof_sun | 2008-06-09 23:59 | ポツリ。  

<< フィルム 曇り空とドレスと恩と >>