e0053365_213845.jpg









膝裏・・・


仕事へ行く準備も
食事の準備も
寝る準備も
明日への準備(睡眠)も

放棄したくなる日々

痒く
痛く
眠れない毎日



夫と職場での人以外に逢わないですむ
君津での生活には
ほっとしてしまう毎日







「食事を変えたから酷くなったと思います」
の言葉に
納得しない様子のお医者様

確かに今の仕事環境は皮膚にとても悪い

だけれどそれで
足の方まで酷くなるのだろうか




”全身に塗って下さい” の強いステロイド剤に
”顔に塗って下さい” の弱いステロイド剤
全身用の保湿剤
痒み止め・炎症止めの飲み薬

ごろごろと頂いた薬たち




一方で九州では
わざわざあたしの為、
とある先生に連絡を取ってくださった泉さん曰く

酷いアトピー肌の為に主成分の配合を高めて調合したものを
作って送ってくださる・・と

なんとも有難い話で
心強い


けれど・・・
今の以上に濃い・・というのは
今以上に沁みるのでしょうか・・・

それはある意味・・・
死んでくださいと言っているかのようでもあり・・・     (苦笑




泉さんは、先月いきなり佐賀でお世話になった方
とてもとても話しやすくて、ほっとする、すてきな女性
歳は離れているけれど、親戚の・・・従兄弟のお姉さんのような・・・
そんな、いつでも家に遊びに行きたくならせるようなお人です



いつもとても支えられていて
迷っても
やはり戻って来られるのは
こういった方たちの存在のおかげ







これが全て
好転反応だというならば

数ヶ月もすれば
色々と変わっていくはずで



少なくとも今のあたしは
「これだけ酷ければステロイドなしにきれいにはなりませんよ」
という医者の言葉を
受け入れずにいます








あたしは
この皮膚炎を抑えて消そうとは思いません

痒みや痛みと
戦おうとも
思いません


痒みを必死に我慢することも
自暴自棄になって掻き続けることも違う


心も体も
”やさしさ”に包まれているとき
きっとあたしは
”戦い”とは遠く離れたところにいるのかな

だから痒みは
あたしに襲い掛かってこないのかな





だけれどいつだって

一人きりでやさしくあろうとするのは
とてもとても
むずかしい



だからいつだって

メールの何気ない嬉しい一言や
突然の電話をもらうと

その直後
自分にやさしい行為をとることが出来る
自分になれるのです




たくさん掻いては酷くなるけれど
”それがいけない”の意識を強めることは
”戦い”の意識を強めているように思う


そうじゃなくて

やさしくいたいと思うのです
少しでも



その少し少しが実を結ぶときを
心待ちに








そう考えれば考えるほどに

やっぱり、
目の前の”早く楽になれる薬”には
手が伸びない






いつも一番に支えてくれている夫や
実際に力になってもらってばかりの泉さんや武富さん
なにげない言葉をくれる友人たち

あたしは
こちらのクスリを大事に
頼って

いつしかちゃんと
きれいになりたい

[PR]

by flowerof_sun | 2008-07-23 02:01 | ポツリ。  

<< 自然治癒 父と夫 >>