触れ 撫で 愛でる

e0053365_13373951.jpg


近ごろ夜になると
リーンリーンとスズムシが
窓のすぐ下のほうで鳴いています

とはいえまだまだ
しぶとくも ミンミンと鳴く
小さなセミの声を
ここそこで聞く日々です




まだまだ暑さは残っているけど
こっちの空気は
すっかり秋です

そっちは、どうだろう?


秋の風に
触れましたか?

さらされるではなくて
触れましたか?


あたしはよく
秋風に触れてみます

するとね
とたんに 愛おしくなって

そのまま
その風を
撫でてしまう


秋風を
撫でたくなることは
ありますか?












***************************************


触れてみてこそ
解ることが多くある


触れるからこそ
ますます愛おしくなることが
この世界には数多くある





つるつるとして瑞々しいユリの花びらも
ざらざらと泥だらけのニンジンの肌も
酵母の菌でぐんぐん膨らむパン生地も
錆びつきだした鉄のハンガーラックも
しっとりと柔らかな竹繊維のバスタオルも
ぶさいくで愛想のない毛むくじゃらな猫の尾も
誰もが幸せになる赤ちゃんのぷくぷくなほっぺも
やんちゃな園児達の小さな小さな頭も

触れて撫でて
強くなる

大切にしたいと思う気持ち






お母さんの丸っこい肩も
お父さんの関節の太い指も
おばあちゃんのしわしわの腕も手の甲も

ずっとずっと触れてきて
抱きついたり 抱きつかれたり
握ってもらって また握ったり
やさしくさすって またさすられたり

そうしてますます
強くなる

安心する気持ち









触れてみてこそ
気付くものは多い

触れてきたからこそ
守りたい と









****************************************




月を囲む淡い光は
周りの空気と遊んでる

ほら
目には見えない粒たちが
ぶつかったりくっついたり

その粒と粒との間に
そっと手をかざしてみるのが好き


というか

何度も何度もそれを繰り返し
とてもとても
好きになった


その粒が
あたしの指の間を行き交うとき
この手は段々と感覚を失ってゆく
じんじんと・・・麻痺してゆく感覚がまた
たまらなくいい

妄想でこれだけ幸せに浸れるのは
良くも悪くも 変わりようのないあたしの性








すごく質のいい音で音楽を聞けたとき
心地のいい音の粒を浴びている

肌に沁みこむ瞬間に
肌が喜んだり 感動したり

で、
だから、鳥肌がたつ


何度も何度も肌で感じてきたからこそ
その心地よさに
敏感になった

全裸で聞いたなら
最高に心地よいに違いないと確信したのは
十六の秋
初めて 大ホールに響き渡るパイプオルガンの音を聴いたとき

好奇心と欲求に理性が負けるほど
クレイジーにはなれなかった自分が
中途半端なやつと感じたあの日
今から思えば
至って普通の十六で良かったと
安心するばかり












***********************************





触れたい
触れていたいものがあるというのは
幸せなことです

体中の肌が痛かった少し前は
風も水も
嬉しいものじゃなかった



風も
音も
光も
香りも

大事なジョウホウの持ち主です

沢山のことを教え与えてくれる
愛おしいものたちです



触れて
時に撫でて
愛でて

これからも
もっともっと
好きになってゆく













***************************************






それというのはつまり

なにかを発していることで
なにかを伝えていることで
なにかを受けとっていることで
なにかと交わっていること・・



人と人
人と動物
植物


物・・機械
触れるために触れたことがどれだけあるか



触れるために触れてみて
教わることがある

触れた相手が
教えてくれる











********************************************






秋風は
あたしの喜ばせ方をよく知っています

よくない予感は運んでこない
捨ててしまえと、払い落としてゆきます

今日のあたし と交わろうとする
今生きていること
それ以上はないと 言わんばかりに



風になりたい と思ったことは
過去に何度となくあったけれど
撫でてみたとき感じる くすぐったいようなあの感覚は
あたしが人間だからこそ 頂けるもの

そこに不満も
これ以上の欲もなく
ただただ 
嬉しい



**************************************

[PR]

by flowerof_sun | 2008-09-17 13:34 | ポツリ。  

<< _ _の女 ひかり >>