カテゴリ:ポツリ。( 111 )

 

わたしは今


南のひと~つぼ~しを・・・







コトバに乗せて外側に表したいものごとは
なかなかどうして時間をツクレナイままに
少しずつ薄まってうしろの方に流れてゆきます

コトバに乗せられないでいるものごとは
容赦なしにあたしの頭をガツンガツンと叩いては
どうにか外へ飛び出そうと力を増します


More...
[PR]

by flowerof_sun | 2009-10-28 03:18 | ポツリ。  

音の行方

e0053365_1434561.jpg




たくさんの笑い声をキイテ
たくさんの泣き声をキイタ

そんな夜だったようなきがする


くるくる回されて
タテに振らされて
ヨコに振らされて
ぐちゃぐちゃになって
ゆっくりゆっくり
つつまれてゆく

そんな夜もある


人の心とは
実によくできているなぁと
感心するような夜がある



そんな夜は
そこら中で
あたしは息を潜め
じっと
それらの声を
見つめてる









まだ

まだ

まだ




いくつものそんな夜のヒカリを
このカラダに
綴じこめてゆくよ


More...
[PR]

by flowerof_sun | 2009-09-29 15:26 | ポツリ。  

嘘から、先へ


e0053365_12452321.jpg


きのう
町田に越してきてから初めて
うちの両親がうちにきた

あの二人がいて正治がいて
そんなとき
あたしはいつも楽しい

むかしっから
嬉しい楽しい話はなんでもお母さんに話した
話すうちにもっと嬉しくて楽しくなっちゃうからたいへん

きのうも
話すうちにもっと嬉しくて楽しくなってた
楽しいまま
あたしはけっきょく
親にずいぶんと嘘をついた







More...
[PR]

by flowerof_sun | 2009-09-24 14:54 | ポツリ。  

力を。


e0053365_1481772.jpg


シフトチェンジ


コジン的な部分
大きなシフトチェンジのように見えて


ほんとのところ
それはほんの
小さな一面にすぎないこと、ね




とても稀だった自分への投資を
この夏のたったの三ヶ月を
ツカエル宝に磨くのはこれから


みんなみんな
これから















中距離走みたいね

息があがってきそうな今
あたしも更に
加速したい
もっと
もっと





あたしも本気です

[PR]

by flowerof_sun | 2009-09-17 14:08 | ポツリ。  

いとおしき色々

e0053365_1523385.jpg


懐かしい写真が出てきた
去年の今頃だったかと思う

とても懐かしく感じる
君津での様々な日々





園児の頃から変わらない事がある

そう遠くない過去であっても
また今年も行くであろう場所であっても
想いを馳せると
とたんに懐かしさを感じるという事




幼い頃から
家では毎日泣き喚いてたあたしは
保育園でも小学校でも
みんなの前で泣いた事がなかった

年長さんのとき
秋風に冬の香りを感じたころ
保育園の門から外をなんとなく見ていたら
ふいに毎冬の家族スキー旅行を思い出した

お父さんとお母さんがいて
二人のお兄ちゃんがいて

その日だって夕方になれば
お母さんは一番ビリッケツでもちゃんと迎えにくるし
家に帰れば家族みんないるし
その冬だって、
みんなでスキーに行くに違いなかったのに

急にホームシックになったみたいに
そのみんな一緒のスキー旅行が懐かしくて
恋しくて
あたしは
バレナイように
バレナイように
泣いていた






懐かしいものは
とても愛おしく
とても落ち着ける、”また帰るバショ”のよう



懐かしき場所に想いを馳せると
いつだって簡単に
単純に
涙は
ながれてゆく


愛おしさが
募るのだろうと思う


More...
[PR]

by flowerof_sun | 2009-09-10 15:01 | ポツリ。  

トキ遊び


なんとも・・・

オソロシイ程に時空間はゆがみ
「ときあそばせ」開催当日を待たずして

あたしはすでに
トキ遊びをしてきたようでもあり

時は
いつでも其処彼処で遊んでいるもののようでもあります




遠からずもバラバラだったいくつもの主要なセカイが
少しずつ
気づけばあっという間に
目に見える形で繋がってゆく

あたしという小さな人間の
小さな世界の中の出来事のようにも思えるくらいに

外で起こるものごとがつまり
ウチで起こるものごとと同じなように馴染みある身近なもの


静かにふるえてる
勝手に収束されてゆく

あたしはその音に耳をすませながら
解き遊びを楽しむ




事前に書き綴ることはどうしても出来なかったのだけれど

「ときあそばせ」

集まりますね



とても
おもしろい会になることは間違いないでしょう

[PR]

by flowerof_sun | 2009-08-29 08:21 | ポツリ。  

奇跡ってこと



しっかりしすぎてる、とまで言われる

よくあるお話



実年齢よりずっと上に思われる




それもわかる

そんなあたしでそこにいる










ほんとのとこ


あたしはきっと

幼稚園児みたいなもんだ


きっとこのまんま

大人になれないまんま


More...
[PR]

by flowerof_sun | 2009-08-22 15:41 | ポツリ。  

心つくし

e0053365_16213378.jpg


久々にブログを書いたかと思えば両親の話で

あたしはどんだけ親好きなんだと・・
気持ち悪いくらいで (笑




今月頭に大学時代の友人二人と久々に会った

今何やってるんだと、いつものごとく聞かれた



あたしは今
昼夜と
飲食店での仕事にどっぷり浸かってる



ハワイアンダイニングレストラン
ロッテリアプラス
バリ風の居酒屋バー
ホテルマンダリンオリエンタル東京内イタリアンレストラン
クロワッサン君津店

その間々、短期や単発の仕事をしたのも
いつでも飲食店


そして今は

水道橋の”オキドキ”という鉄板焼きの小さなお店で
昼間と日曜の夜に

田町のNECライベックスの福利厚生施設内の洋風居酒屋
”芝倶楽部”で平日の夜に

相変わらず
あたしは飲食で
接客業を続けている




ほとんどの場合
あたしはその店がとても好きになってしまう

店のスタッフも
来てくれるお客さんもみんなみんな
好きになってしまう



今の店も例外でなく

両店とも
とてもいい店なのだ








自信を持って言ってしまってもいいだろうと
思えることがある

あたしは
あの場あの場にいる
その時その時

心を尽くしています、と



「いい接客するね」とか
「すごいサービスだね」とか
「プロだね」とか

お世辞であろうと何であろうと
とても有難いお言葉を頂きながら
それでも
どうしても
あたしの中には溶けこんできてくれないの



あたしはただ

好きだから
楽しいから


その時その時に
心を尽くしている


それでいて何度となく
あたしは「有難う」を頂くの


頂いて
また好きになる


なんて素敵な循環






あたしは
飲食での仕事ばかりをし続けている

あたしはこの仕事に根付く・・
根本の部分と思われる・・ソコのトコロが好きなの



だからきっと
オキドキの料理長は
あたり前に休みなく働く

根っからの料理人であって
サービスマンではないけれど
根っこは同じなのだ


見渡せば
その根本は他の多くの職業の中にもあることに気付く


なんて素敵な循環










ただ好きで
気持ちよくて

心を尽くすだけ




あたしは今
一番慣れている飲食の接客業という仕事で


この素敵な循環を味わっている






職種よりももっと基の部分で

ソコのトコロが
何よりも、まず大事

[PR]

by flowerof_sun | 2009-08-15 16:20 | ポツリ。  

喜び、ひとつ

父と母が、この土日で一泊旅行へ行きました。

福島県、桧原湖(ひばらこ)近く
会津裏磐梯山が見える高原の宿・・・だそうです。

なんとも、よくあの母に似合い、
なんとも、よくあの二人に似合う場所だなぁと、
http://www.sikinomori.com/index.html
あたしはひとり、思わずくすくすと笑ってしまった。


両親ともに公務員。
母は数年前に退職したけれど、
父は今もまだ、神奈川県庁でせっせと働いています。

朝は七時に出てゆき
帰りは日付が変わります。

土日もどちらかは関内へ向かい
家には仕事を持ち帰ります。


それでも、
あの人は家の事を一番に気にして暮らしています。
昔も今も。


気づけばテレビは買い換えられ、
休みの時間ができるたび、痴呆とあちこちに病気を持つ祖母の世話をしています。


子どもたちが大きくなって家を出て、
父はOFFを作ることがうまくいかなくなってしまった、と
母はよく、心配のため息をつきながらあたしに言います。




母は、国に難病指定されている大腸の病気を患い、
仕事がままならなくなり、数年前に専業主婦になりました。

今は病気と付き合いながら、
油絵、パステル画、陶芸、ハーブ、太極拳・・その他諸々
趣味をとても楽しんでいます。


父は、そんな母の姿を見ているのが好きで、
母の作った作品を写メで撮っては、あたしに時々、自慢気に送ってきます。









去年の夏は、結局一度も休みを取れなかった父。

今年こそは、一泊でもいいからお出掛けしなね、と
あたしは父に無理やり約束してもらった。


両親が家をあけるという時には、
あたしはその間おばあちゃんと一緒にいます。
二人の兄よりも遥かに、あたしはおばあちゃんと”暮らしていた”時間が多いのです。


残念ながら、今あたしが夜に仕事のない日が土曜日しかなく、
結局日程が土日になってしまったので
父にとってはもともとお休みの日に旅行ということになってしまったのだけれど。
願わくば明日くらいは、有給休暇を使って夏休みを取ってほしいなと、思ったりもします。





昨夜は、夫も仕事後に、藤沢の実家にきてくれました。
3人分のご飯を作るのは珍しく、
食べてもらえる人が多ければ多いほど、料理はしがいがあるなぁと、
あらためて感じた夜でもありました。









父から、夜11時前にメールがきました。

「ありがとうね。
今日は暑い暑いと言いながら、土蔵座敷などレトロ感溢れる喜多方をまわりました。
おかやんは、運転手で飲めない私に代わり・・
(誰も頼んでないのに!)造り酒屋で試飲を繰り返しながら、スタンプラリーに夢中でした。
昼は喜多方ラーメン食べたよ。
宿は犬と泊まれるペンションで、小さい頃の君たちとのキャンプを思い出しました。
焼肉、馬刺しや自家製のがんもどき、・・当然、地酒もちゃんと美味しく頂きましたのでご心配なく。
あれもこれも、なっちゃんやサクちゃんのおかげと感謝しておりまする。
くれぐれもおばあちゃんのこと、よろしく。
明日は行き違いになるけれど、お礼は改めてということで、
二人とも本当にありがとさん。
なお、もう寝ているおかやんからは、お休みなさいと言っているような寝息があることを報告いたします。
ではでは、おやすみなさいませ。」




静かな喜びがひとつ

慣れ親しんだこの大きなリビングに

小さな雫のようにポツンと落ちた気がしました。




メールを打つのが異常に遅い父は
お酒を飲んで眠たいながら
この長い長い文章を頑張って打ったのでしょう。

相変わらず、ばかだなぁと笑ってしまいました。




父の還暦まであと2年。
今よりはもう少し、親孝行できる自分でありたいと思います。

[PR]

by flowerof_sun | 2009-08-09 14:36 | ポツリ。  

もしも願いが叶うなら

e0053365_1313316.jpg


シングルモルトは
On the rock

きれいに削られたまあるい氷は

こがね色の輝きの中に
溶けだして
ゆらゆら
ゆらゆら

かたち無き不思議なチカラを
映しだしているよう


もしも願いが叶うのなら
こがね色の中に溶けこんで
あたしも
このゆらめき
そのものになりたい











“しとしと”
という言葉のひびきが
あたしは好き


しとしと  しとしと

全身のちからを全部抜いたなら
そしてそのまま
どこまでも受け身になれたなら

しとしとと土に染みこんでゆく小さな柔らかな粒たちは
あたしのこの身にも
しとしと
柔らかく沁みこんでゆくだろう










ピアノの音と
男声の透きとおった裏声が交じり合って
窓から街中へと流れてゆく

彼の息づかいで
その音は少しずつ色を変える
水色から青紫へ
だんだんと熱を帯びて、ワインレッドへ・・と


ポロンポロン
軽快なスタッカートと
しっとり、しっかりと優しくたたかれる和音の伴奏

ピアノの音色は
このしとしと雨に恋をした

水の粒たちを身にまとった音色が
雨の街中に染みわたってゆく
橙の街灯の下で踊っている

願わくばあたしも
彼らと
交じりえたい













ウイスキーも
街を見渡せる窓も
ピアノも
歌唄いも
ここにはないのだけれど

ただ
しとしと雨が
降っている


子どもじみた妄想は
ばぁちゃんになって呆けてしまうまで
変わらないのかな

馬鹿げた世界観を持つということは
悲しく辛いものではないけれど
その世界に一人きり
寂しく思うこともある


[PR]

by flowerof_sun | 2009-07-01 00:39 | ポツリ。