<   2006年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

雨と連想と コーヒーとクラシックと

サァ―― ・・・・




窓越し

とても静かに 雨音が伝わってくる。


しとしと という表現でも

なかなか似合う雨だな なんて

妙に納得してしまったりして。





部屋の小さな目覚まし時計が

カッコ カッコ・・・ と

この静けさを台無しにしないよう

小声で 時を刻んでるみたい。

 
 
 
 
 
 

More...
[PR]

by flowerof_sun | 2006-11-28 09:23 | ポツリ。  

生きとし生けるものたちへ


生きとし生けるものたちが

静かに泣いている夢を見た。


光や風や色までもが

哀しげに映る夢だった。






”微笑んでください”



夢の中

私は、泣きながらお願いしていた。


More...
[PR]

by flowerof_sun | 2006-11-21 23:25 | 摂食障害  

”最後の夜” からの贈り物

”ラストナイト” というその曲の名を

私は予め聞かされていたのだけれど。







ヴァイオリニスト、千住真理子さんが弾く ”ラストナイト”


この曲を聴いて私が戴いた世界は

穏やかな光の差し込む

昼間の明るい世界でした。





あれは何処だろう。

ヨーロッパか
カナダか

山の中 きれいな茶色の丸太小屋が たった一つ

丁寧に手入れされた花壇に

赤・黄・紫・橙・・・色とりどりの花が 静かに咲いてたな。



風もなくて

とてもとても静かで

降り注ぐ柔らかな太陽の光だけが

”音”を持っているように思えた。






もう少しで

ソレに気づかないまま終わらすところだった。

静かすぎたから 誰もいないと思ったのね。



でもたぶん きっと違った。



とても集中しないと見逃しちゃうくらいの

静かな命が一つ

小屋の中に一つ。




変な表現しか出来ないのだけれど

とても不確かなものだから、
こちらからすれば少し哀しくもなって、

けれどもあちらは、
とてもとても穏やか。



そんな命が一つ。











曲名から、「夜」が舞台と知っていたのに

どうして 昼間の世界が降りて来たのだろう。



とても短いこの曲を聴いたのは一ヶ月ほど前


残念ながら

私はメロディーを頭に刻む力が乏しくて

聴いた数分後にはもう思い出せなくて



だけれど


貰った世界はまるで私のモノかのようで

今でも触れられるところにあるのです。





世界云々はいいとしても


千住真理子さんの ”ラストナイト”

穏やかで
優しくて

心寂しくはないのだけれど
静かで哀しい


素敵な曲でした。


More...
[PR]

by flowerof_sun | 2006-11-18 02:00 | artに触れて・・  

逢いたい人たち

e0053365_1084985.jpg

             レンズ越しに風景を見つめるとき


             特に

             あちらとこちらを繋げてくれる

             おーきく広がる空や

             そこに浮かぶ 輝くものたちを見つめるとき



             あたしの目は

             このカメラのようには 上手くいかない



             せっかくの美しい風景も

             あたしの脳裏に映る絵に負けてしまう



             逢いたい人たちの姿に

             負けてしまう







                

More...
[PR]

by flowerof_sun | 2006-11-13 12:53 | ポツリ。  

覚悟だった。

e0053365_1321935.jpg


            ”今のうちよ

            好き勝手したいと思えるうちに

            たくさん好き勝手やっておきなさい。”







            目上のかたに言われた何気ない言葉



            今までにも 何度か言われたことのあるような言葉

            すーっと

            そのまま流れて抜けていってしまうような言葉






            今日のあたしには

            少し違ったみたい

More...
[PR]

by flowerof_sun | 2006-11-08 14:16 | ポツリ。  

素敵な秋を。

e0053365_10424230.jpg

少しずつ

肌寒くなってきたな。



秋はあっとゆーまに終わっちゃうって言うけれど

今年の秋は 何だかゆっくりに感じるよ。




私の部屋の窓から見えるハナミズキの木も

だんだんとその葉を散らして

日々

向こう側の空色が 眺めやすくなってゆく。



だんだんと 
だんだんと

その覗かせ方がなんとも上手で

なんだか少し

ニクイのです。 w

More...
[PR]

by flowerof_sun | 2006-11-04 10:16 | artに触れて・・