ナサケナサゲナ ヒトリゴト

e0053365_1942787.jpg


昨日久々に
眩暈と動悸がひどくなった

あたしでないナニかに
ドウにか働きかけられているような感覚



22時をすぎるまで
見知らぬ土地を 4時間くらいは歩いてた

どこもかしこも
知っているような
知らないような

そんなだった


More...
[PR]

# by flowerof_sun | 2009-02-16 21:32 | ポツリ。  

1月31日という記念日に

e0053365_10263559.jpg


前回のつづきというか

1月31日という日は
浅草の花やしきを貸しきってバカな仲間たちと大はしゃぎした日で
あたしがあたしの一番好きなポジションでそこに居させてもらえた日で

とても
気持ちよく
心地よく





1月31日という日は
お義理母さんの誕生日で
そして正治とあたしの結婚記念日で

微塵も予期しなかった・・・
浅草の夜空の下
遊園地の小さなステージの上
60人ほどの仲間達に見守られ
あたし達は
結婚式をした


More...
[PR]

# by flowerof_sun | 2009-02-12 12:31 | ポツリ。  

★Switch★@浅草・花やしき ~新年明け過ぎましておめでとう~

ご無沙汰してます

珍しく
自分のブログを開かない日々が続きました


一月半ば、ある告知日記で2009年の最初を飾ろうと思ってた

思ってたのだけれど、思ってたようにはいかず
その行事が終わって一週間あまりが過ぎた今
漸くこうして、馴染み深い投稿画面と向き合っています


お節どころか、七草粥も鏡餅も恵方巻きも・・
すっかりしっかり食べ終わってしまったけれど

ココでもようやく、新年を迎えます


この一年もどうぞ
宜しく




*********************************************************


2007年6月、幸(コウ)が主催する”Switch”で行ったキャンプ
http://earthists.exblog.jp/5906944/

Switchはその後も動いていたけれど
あの時のように、主催の幸と企画の正治が組んで立ち上げるイベントは
久々でした



「また写真撮るよ」
幸があたしに言ったのはこれだけ

たったこれだけ


あたしはまた
ただただ気ままに
技術どころか知識も乏しいカメラを手に
ただただ気ままに
ミンナから溢れ出るオモイの色を
覗きみては撮り、覗きみてはまた撮りをくり返した


幸はいつも冷たいけれど
心底、アタタカイ男だ

あたしをよく、解ってる


e0053365_2239770.jpg



***************************************************************************

More...
[PR]

# by flowerof_sun | 2009-02-10 01:40 |  

ラストスパート

e0053365_1961761.jpg


残り十日あまりまで来て
ようやく、です


ようやく
ただシンプルに
今向き合うべきと思うものに精を出せる自分



今年は、前半は全くと言っていいほど
その後も相変わらず
ぐだぐだとした自分がずっとずっとくっついてた

でも

とても
貴重な、得たものだらけの一年でした





残りの十日あまり
・・全力で行くのだ!   ^^

仕事と家事
とことん、働くのだ








納得のいく十日間が過ごせたなら


今年、あたしは
すんっごぉーくイイ一年を過ごした

いい年だった と


満足気に思い返し

大晦日の23時58分
ミカンの皮を剥きながら
今年もまた
何とはなしに”ゆく年くる年”を見つつ

わくわくと新年を迎え
2009年最初のミカンを
口にするのだ


More...
[PR]

# by flowerof_sun | 2008-12-20 21:30 | ポツリ。  

このブログに住みついて

e0053365_1352836.jpg



でもじゃぁ

あたしの写真や絵はいったいどうなの





いい子だ。お前たちは本当に可愛いよ。


おうちでそれを繰り返す

それを
繰り返すだけ









でもだから

分からないことが沢山ある

家の中に居続けては
分からないことが分かる日は
きっと
来ない


More...
[PR]

# by flowerof_sun | 2008-12-16 17:58 | ポツリ。  

伝えられ、また伝えてゆきたい

e0053365_112569.jpg


父と母が並んで歩く姿は
あたしが
この世でもっとも愛らしいと思うものの
ひとつです



身長151cmの母は
その短い足で
気付くと一人、ひょこひょこ前に歩いてる
みんなが後ろで立ち止まっていても気付かずに


身長164cmの小柄な父は
そんな母に気付き
「ありゃ。行っちまったよ。」と笑う
しょうがないなぁ、と追いかける父の足取りはいつも軽い





母の足は短い
けれど、いつも知らぬ間に進んでる
父はそれに合わせ、支え、
次は何処へ行こうかと話しかける

そうやって、
二人はいつもゆっくりと、歩いてる






母は、来年年女です
還暦の年です

父は、定年まであと三年ばかし

今の働きすぎな日々を、
どうにか大きな病気もなくすごしてもらわなきゃ困る
だって
その先に思い描く暮らしがあるんだもの

それはもはや
あの二人だけのものじゃなく
あたし達も一緒に思い描く日々なのです






両親は
子ども達が親元を離れるまで
離れた今でも尚
これでもか、これでもかという程に
子ども達の中に沢山の種を
落としてくれていた


二人が二人のための未来を想うことが
二人の幸せな日々を想うことが
あたしの中の種を豊かにさせる

子ども達へ向けた想いでなくとも
子どもであるあたしにまた、伝えられる

それはきっとまた
この次の代へと伝えられる
伝えたい

ずっと
伝えられるものであれるよう

伝えてゆきたい



More...
[PR]

# by flowerof_sun | 2008-12-02 10:46 | ポツリ。  

城へ

e0053365_21271061.jpg


何度でも何度でも
そのお城に出向くよ

探しものを見つけに


”今見えてないもの”を
見つけに






また
出口の扉が現れた

きっかけはいつも
与えていただいてる



あの方はいつも
押さえ込んでしまいがちな自分の声を
心地よくこの胸の奥に
鳴り響かせてくださる





そうしてまた

扉が見える











進んでゆく

また
何度でもあの城へ行く




何度でも

何度でも

[PR]

# by flowerof_sun | 2008-11-25 21:19 | ポツリ。  

耳をすまし目をこらし

e0053365_13441795.jpg


耳をふさいでも
目をつむっても

警鐘は耳の奥で鳴りやまない
膿は目の奥で映しだされる

次から次へと
湧いて漂って流れてゆく



耳をふさがず
目をつむらず
それらをしっかりと見つめよう
受けいれようとしてきた
今まで
ずっと ずっと

自分に出来ることは・・ と
ずっと
あらゆる糸を紡いできた
動いてきた


More...
[PR]

# by flowerof_sun | 2008-11-09 14:43 | ポツリ。  

たったのひとつだけ

e0053365_21413471.jpg



この口が
「愛してる」を未だ知らなかった頃ならば


カレのカノジョに対する愛情の深さを
知れるわけは
なかったのだろな







今まで何度
人の恋愛話を聞いてきたっけか
何度
泣く友人たちを目にしたっけか



それなのに

こんな気持ちで
自ら泣いてしまうのは初めてだ


More...
[PR]

# by flowerof_sun | 2008-10-22 00:18 | ポツリ。  

そうして今・・だからこそ、か

e0053365_8333658.jpg



段々、段々と
近況の見えないような
何だかわからないような・・・ブログになっているようで
本人としては
「言われてみれば確かに」というくらいの意識で

ほんと、確かにそんなブログで
今もここに
静かに訪れてきてくれる方たちに
あらためて、有難いことだなと思う




長くなりそうだけれど
今日はもっと
”していること”を含めて
書こうかしら


More...
[PR]

# by flowerof_sun | 2008-10-08 08:30 | ポツリ。